スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴダール『フレディ・ビュアシュへの手紙』『JLG/自画像』 2005.8.31

◆希望は少年のものだったが 少年はかんじんなこと つまり 自分が誰のものか 知らなかった 闇が放つ力がどれほど 強大かも知らなかった◆

新文芸坐ゴダールナイトの3番目。『フレディ・ビュアシュへの手紙』『JLG/自画像』短編2作つづけて上映です。
新文芸坐オールナイトって、何故かこのきびしく眠気の襲う時間帯に、こーゆー眠いのを持ってくるって気がするんですが・・・。ちときびしかったです。うとうとしてもーたです。orz

このあたりから、音楽使いが、今のゴダール的になってきたんでしょうか。と言うか、完成されてきたのかな。
独特の、1音だけバシッと入れる、あの音とか。
ゴダール監督デビューから今に至るまで、3段階あるんじゃないか、と思います。
初期のユーモアたっぷりでキュートな作品群、政治色の強い、難しくておばかな私にはわかんにゃい~な作品群、海の映像等とクラシック音楽メインの、美しさに惹かれる作品群。って感じがします。最近の作品は、65年の『気狂いピエロ』で核みたいなのが出来ていたかもしれません。

 

『JLG/自画像』は、ゴダールの映画観みたいなものがつまっていて、ファンは必見かも。う~もう一度観たいなあ。
字幕の抜粋なんて便利なものがあったので、是非こちらを御覧くださいませ。

後の『愛の世紀』を思わせる、映像と音楽の美しさ、映像と音楽のマッチングは、やはり見事です。

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フランス映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。