スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『狼たちの午後』 2005.6.6

*ネタバレあり

この前NHK-BSでやっていて、なにげにかけたらおもしろくて、最後まで観てしまいました。実話だそうです。
アル・パチーノがめちゃめちゃハマリ役。相棒のジョン・カザールもいいです。(『ゴッドファーザー』の兄弟 ! )
序盤、怖くなって逃げ出すのが一人いて、ここからちと笑えます。
書類を燃やしたりしてもたついてる間に警察に包囲され、銀行員達に「早く逃げればいいのにぐずぐずしてるから」とか文句言われる所がまた笑えます。
警官とのやりとりの中、ヒーローになっていくアル・パチーノ演じるソニー。横断幕まで出して大騒ぎするやじうまが、おかしいのなんのって。
人質も犯人達と仲良しになって、銃さばきを教わったりしている。
高飛びの話になって、「オランダもステキよ~」なんて楽しそうに話してたり。
ラスト近く、解放された人質が、はじめての飛行機でこわがるサル (ジョン・カザール) に、励ましてお守りにネックレス (だったと思う) を渡したりもします。
どこか間抜けで憎めない銀行強盗を、見ている方も応援しちゃいますね。
退屈とは一切無縁の125分でした。

アル・パチーノは、同じシドニー・ルメット監督で、これまた実話の英雄的警官の『セルピコ』などもありますが、やはりこの人は犯罪者の方が似合うな~と思います。
かっちょいいっす。



アマゾンのレビューでも何人か書いてましたが、邦題は何故に「狼」なんでしょかね。原題の『Dog Afternoon』が見事なタイトルで、「犬」とした方が絶対正解なのです。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。