スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『存在の耐えられない軽さ』 2005.5.7

ネタバレあり

プラハ行きの予習として、この前レンタルしてきました。
半額クーポンor100円の日以外に初めて借りてきたですよ。

このタイトル、訳のわからないフランス映画風かと勝手に思ってたんですが、全然そんな風ではなく、(最初の方はちょっとそんな風だったけど…) 実に深いドラマなのでありました。

脳外科医トマシュと、テレーザ、サビーナの二人の女性との三角関係的恋愛ドラマ。
しかし、これは、単に恋愛ドラマだけに留まらず、三人それぞれの心理劇でもあり、「プラハの春」を扱った政治的なドラマでもあり…

テレーザ役のジュリエット・ビノシュが、すんごいイイですね。
すっごくストレートで純粋な性格、感情を、実に活き活きと演じています。目がイイ !
いきなり押し掛けて結婚までしちゃうのには、うわっ、なんだコイツ…と思いましたが、それをほんとに軽~~~く受け入れてしまうトマシュも疑問。
んで、最初やだなーと思ったテレーザが、勇敢に写真を撮るシーンに来ると、一転してかっちょいいと思いつつ見たのでした。
とは言え、私はサビーナが魅力的で好きだなーと思ったんですが、トマシュは一番彼を理解するサビーナと結ばれるべきだったのではないか、との思いと、いや、これで良かったんだ、との思いが交差しました。
そして、サビーナとテレーザとの関係が、結構良かったりする所が、なかなか斬新かもしれません。
三人三様の複雑な思いが交差しつつ。

(失礼ながら…ジュリエット・ビノシュの肌の色が、この映画に出てくるぶたさんそっくりなピンク色だった…)

トマシュってのは、とんでもない女たらしで、エッ、こんなのにまで?っつーぐらい、来る者拒わず手当り次第な人で呆れてしまいましたが、本人はどうにもならない自分の軽さに苦しんでいたのかな、と思うのです。この辺、ハッキリとは語られず、表情等から想像するしかない所が、イイんですね、コレは。

そしてテレーザは彼とは正反対で、トマシュの軽さに苦しみます。

ほんとだったら、このような女性だとわかれば、「オレはこーゆーオトコだからさ」とか言って突き放すべきだと思うんですが、トマシュにとって、テレーザは、何かを感じさせたのでしょうか。
おそらく、自分の持っていない物、何か大事なものを見い出したんじゃないかな…と、これまた見る側が想像するしかないのですが。また、そういう所がこの映画の優れた所なのでしょう。

セックスに関しては、軽い、軽すぎるトマシュですが、自分の論文を間違いだったと認めるサインをしろと言われた時には、医者の職を失ってまで、断固として拒否するのです。
自分の軽さに悩む彼は、きっと、これを認めてしまっては自分自身おしまいだ、と思ったのではないでしょうか。何か核を失うみたいな。

そして、最期のあの瞬間に、彼はほんとに幸せをつかんだのだと思います。

それにしても、こういう映画が英語だったりすると、いつもガッカリしちゃいます。
ま、これはあちこち国を行ったり来たりするので、英語で統一しちゃえば楽なのかもしれませんが。

そうそう、「ウィーン古都物語」という本を人から借りたのですが、それにブダペストの温泉でチェスをやるおっさん達の写真が出ていたんです。
それと同じシーンがこの映画の序盤に出てくるではあーりませんか !
ブダペストで温泉入ってきたいです~。


 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。