スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドライビング Miss デイジー』 2005.3.11

またまたNHK-BSアカデミー賞特集です。
『恋愛小説家』と同じく、当時アカデミー賞を受賞したジェシカ・タンディの演技が話題になり、ちと興味はあったものの、そのままになってた作品のうちの1つ。

最初は『恋愛小説家』クリソツやんけ ! と思って観てました。
頑固と言うのも時にはかわいいもんだと思うけど、ミスデイジーはあきらかに嫌なヤツぢゃん・・・って感じだったし、その後の展開も見えに見えちゃって、どうかなーと思いつつ観続けてみました。
まあ、その予想通りに、モーガン・フリーマン演じる運転手とデイジーはだんだんとうちとけてくる訳ですが、『恋愛小説家』と違うのは、主役以外のキャストも実に適切でイイのです !
ジェシカ・タンディもいいけど、私はモーガン・フリーマンはもっとイイと思ったゾ。
息子役のダン・エイクロイドもいいしね。
そして、これは彼女の生涯の話なのでした。
『恋愛小説家』の場合は、2人の主役でもってる映画だと言ってしまって良いかと思いますが、コレはちょっと違いましたね。

デイジーはユダヤ人で、運転手ホークは黒人で、キング牧師の事なんかも出てきたり、なかなかさらりと人種問題にからんでいます。
車の前に立っていただけのホークが、いきなり警察に尋問されるシーンがありましたが、現代を描いているスパイク・リーの映画で、ほとんど同じようなシーンがあるのを思い出しました。
今も昔もそう変わりはないって事でしょうか・・・

それと、年をとっていくメイクが素晴らしいです。昔の海外ドラマで『ルーツ』という優れた作品がありましたが、あれを思い出しました。この映画事態『ルーツ』との共通点も少しあると思います。
その時代の背景と一人の女性の後半の人生の、なかなか味わい深い映画でした。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。