スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『高校生ブルース』【特集「関根恵子」という女優)】 その2 2010.6.29



レビュー、既にこちらに書いたのですが、後からいろいろと思い出しまして、ぜんっっぜん書き足りてない事に気付きました。
観てから時間が経つと忘れてしまうのだけど、観てすぐ書くのが良いとも限らないのですね。
関根恵子の魅力についてはこの前書きましたが、作品としても、なかなか重要な面もあるのではないかな、と思いまして。
まあ、今の高校生なら避妊等の知識もあるとは思いますが、責任もとれないうちに、ろくに知識を持たずにエッチする事が、どれほど危険かを、この映画は物語っていると思うのです。
身体と心に計り知れない傷を残してしまいます。そして、それはおそらく一生の傷になってしまうと思います。

それと、1970年の映画ですが、60年代終わり頃の学生紛争の頃って、妙に学生が理屈ぽい気がしてるのですが (高野悦子の『二十歳の原点』等を読んでみても) このあたりの映画にも、そんな時代の雰囲気が出ている気がしました。
特に後の『新・高校生ブルース』(脇役で水谷豊が!) の方に、ユーモアたっぷりに表されていると思います。

【23%OFF!】新 高校生ブルース(DVD)

【23%OFF!】新 高校生ブルース(DVD)

価格:3,072円(税込、送料別)



二十歳の原点新装版

二十歳の原点新装版

価格:1,449円(税込、送料別)



んで、関根恵子特集、5作観ましたが、ほんっっとにかわいくて萌え~(笑)
YOU TUBE探したら『おさな妻』の予告編 がありましたぜ。



この頃の彼女が、どれだけ可愛かったか、是非堪能してくださいませ。
しょーもないチャチな作品もありましたけどね。『高校生心中 純愛』とか。

高校生心中 純愛(DVD) ◆20%OFF!

高校生心中 純愛(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)



前回書きましたが、15歳で大映に入社し、断るなんてとんでもなかったと言うか、頭にもない状態で、脚本を見て頭真っ白状態だったとか・・・ほんっっとに精神的にハードだったと思います。
そんな彼女の、少女と大人の入り交じった不安定さが、この映画にピッタシハマってて見事なんですよね。
色っぽいけどエロくなく、大胆なのに純粋で清楚で、たまらん魅力なのではないでしょうか。

『太陽にほえろ』のシンコもえがったなあ。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。