スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャック・リヴェット『ジャンヌ/愛と自由の天使』 『ジャンヌ/薔薇の十字架』 2010.5.30

めちゃ丁寧に描かれているジャンヌ・ダルク映画。
ちょっとジャンヌ・ダルク関係ものを読んでみたくなった。おそらく事実に忠実に描かれてるんじゃないかな、と思ったから、それを確かめてみたいし。
人間ジャンヌ・ダルク、フツーの女のコな部分もきちんと描かれている感じがした。それも冷静に淡々と。
おもしろい試みだと思うし、好感が持てた。良かった。
それとファッション的にも、おもしろくてカッコ良かった。
ジャンヌ役も良かったと思う。
コレを見て、カール・ドライヤーが人間キリストを描こうとした映画が見てみたかった、と改めて思った。
ジャンヌ・ダルクの一生ってキリストにクリソツな気がする。

*ちなみに、カール・ドライヤー作品の感想はこちらから飛んでくださいませ。

  

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。