スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダグラス・フェアバンクス『ダグラス大王』『ナット』 2008.6.9

5月23日金曜日にアテネ・フランセ文化センターに「ダグラス大王」His Majesty, the American 1919(79分)と「ナット」The Nut 1921(62分)を観に行きました。
前日のシュトロハイムより、だいぶすいていて楽でした。
ダグラス・フェアバンクスは、『奇傑ゾロ』や『バグダッドの盗賊』あたりはテレビで観たと思うのですが。



特にカッコイイとも思えず。
今回もどうしよっかなーと思ったのですが、ボリス・カーロフが出ている所が気になりまして、ちょっくら観に行くことにしました。
(でもボリス・カーロフわからんかった・・・_| ̄|○)
んで、スクリーン映像で観るのは初めてでして、なるほど、この人はアクションが凄いのか!と思ったり。周りを明るくする笑顔がキュートかもしんない、と思ったり。
こちらに書いてありますが、彼は、映画製作会社フェアバンクス・ピクチャーズの設立を経て、1919年にD・W・グリフィス、チャールズ・チャップリン、メアリー・ピックフォードと共にユナイテッド・アーティスツ社を設立しまして、映画界に随分と貢献した人なのですね。
どっちだったかの映画の初めに、チャップリン、メアリー・ピックフォードと共にの挨拶文が出ていました。
チャップリン的なコメディーで、なかなか楽しませて頂きました。
『ダグラス大王』の最初の火事の中、次々とすんごい早さで人を助ける所すごかった~~2秒に1人ぐらい。(笑)
それと『ダグラス大王』の女優さんがかわいかった~~。
『ナット』は、発明好きの変わり者主人公が、好きな女性の為にあらゆる事をしては失敗ばかり、という話でして、最初から爆笑させてもらいました~~『モダンタイムス』を思わせるような、起こされて出掛けるまでの支度を機械にされる所なんて!ラストもとっっても洒落ていて良かったです。



そして、なんとなく思ったのは、男性が、女性の為にここまで頑張るって、こういう男性って絶滅したんではなかろうか・・・って事です。
勿論女性が強くなった事は良いことだとは思いますが。
今は女性からプロポーズする方が多いかも・・・って感じだし、たいていは出来ちゃったから結婚するしかないかってパターンだったり、ですよね。

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。