スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリュフォー『私のように美しい娘』 2008.2.15

トリュフォーと言えば、私小説的な『大人は判ってくれない』とか、ヌーヴェルヴァーグ!フランス映画の典型!って感じの『突然炎のごとく』あたりがトップに来るのだろうと思いますが、この監督も、いろいろ観ていくと実に多才。巧いんです。
『恋のエチュード』みたいな作品もあるし。
『隣の女』とか『日曜日が待ち遠しい!』あたりが実に上手くて私は好きです。

  

で、この作品、めちゃおもしろかったですっっ!!
いやあ、最高!テンポも良い。
アルゼンチン人のアニータっていいましたっけ?あの人を思い出してしまったのですが。(^^;)
アニータはともかく、この作品の主人公カミーユは、ここまであけっぴろげで、お下品に、そしてパワフルに、男を次々と振り回す姿は、もうここまで来たら気持ち良いぐらいです。痛快!

その他トリュフォー作品の感想はこちらから。

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フランス映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。