スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルトルッチ『ドリーマーズ』と高野悦子『二十歳の原点』 2004.12.3

※少し重要なネタバレ警報!!※

まだこのネタひっぱってますが…昨日書いてから、もしかしたら、と思った事があったもので。
周りに流され、間違った方向に行ってしまった双児と、それに背を向けて去っていく主人公。あのラストを考えると、実はあのフランス人兄弟は、粋で素敵なフランス人であってはならなくて、ダサくて正解なのかも、とフと思ったのでした。

主人公を家に招き、家族で食事のシーン、双児男が父親に反撥する所があったのですが、ちょうどこの時、途中で入ってきた客が、いきなり私の隣にドサッ!と座ったですよ。(怒!!!) ほんとすごい勢いで座ったんです。なので集中がすごく途切れてしまって良くわかんなかったんです。あの辺りはちょっと鍵になったかもしんないのに。ほんと勘弁してくれ。なんであんな中途半端な途中から観るかなあ・・・

双児女性の残酷さは、おそらくジャンヌ・モローを意識したのではないかと思うのだけど、あのまま昔のジャンヌ・モローが演じていればイイかとゆーと、そうではなく、あの罰ゲームのあまりのえげつなさは不快感もよおします。美的センスもユーモアも何にもないっすよ。(と結局批判してますが…)
それにしても、アメリカナイズされたフランス人って、「こんなフランス人はいやだ」って感じのよーな・・・(^^;)

それからさらに思ったのは、あの時代、もし自分が学生だったらどうだったか。流されなかったとは言い切れないです。

そんな事を考えていて思い出したのが、高野悦子の『二十歳の原点』。
あの時代に流されてしまった一例だと思うんですよ。
あの日記はごく私的なもので、あれを公開してしまうのはひどいんでないの~と読んだ時は思いましたが。
ほんとにフツーの、正義感の強い、真直ぐな女の子ですよね。今だったらオウムに入ってしまいそう…とか思ってしまったのですが…(^^;)


   


ドリーマーズ 特別版 ~R-18ヴァージョン~ [DVD]ドリーマーズ 特別版 ~R-18ヴァージョン~ [DVD]
(2005/02/25)
マイケル・ピット、ルイ・ガレル 他

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。