スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のこだわり人物伝 澁澤龍彦 眼の宇宙 その2 2007.12.11

金子國義の個展「花咲く乙女たち」での澁澤の推薦文が素敵です。

 私が興味をいだくのは、おのれの城に閉じこもり、小さな壁の孔から、自分だけの光り輝く現実を眺めている、徹底的に反時代的な画家だけである。

私は、この頃の作品がいちばん好きです。ピエール・モリニエに影響を受けたような、眉毛のつり上がった顔はイマイチ好きになれないんです。

 



第3回の写真家、細江英公さんの回では、澁澤の才能と同時に、細江さんのセンスと才能に驚かされました。
海岸でのコイコイ、「バー・ギボンにて」のパイプを加えた澁澤、その後ろの顔を隠した裸の元藤燁子さん (土方巽夫人) 後ろを向いてビールを飲む土方巽、この写真のなんと見事なセンス!!
写真集の芸術選奨文部大臣賞受賞記念パーティーでの、皆にあちこち違う所を向かせてみたりとか、裸の澁澤の身体にサグラダファミリアを投射した写真のなんて素晴らしいこと!!
そして、「カスミ草とポートレート」!!
細江さんの写真を通じて、常にかっこ良かった、ずっと少年のようだった澁澤龍彦を知る事が出来ました。

第4回は、「澁澤龍彦幻想美術館」展の監修もされている巖谷 國士さん。
旅行の話がとても興味深く、サドの城を見た澁澤が、日記で今までに一切つかったことのない「オレ」を主語に書いている、というのが、とても印象に残りました。

いっぱ~い書いてます。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。