スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルイマン『歓喜に向かって』 2007.6.22

夫婦の痴話喧嘩にうんざりしつつ、主役のダメ男ぶりに拍手を送りつつ、進んでいくと、最後まで見ると、じわじわと良さが伝わってくる作品です。
(ベルイマンの描く <ダメ男> はおもしろいです!)
ベートーベンの第九は、あのちゃちなメロディーラインなど、あまり良い曲と思えないとは、繰り返し書いている事なのですが、この「歓喜の歌」の意味の深いこと!
ダメ男が、何かを乗り越え成長しようとする瞬間が、ラストシーンにあり、ベルイマンのきびしさとやさしさを、ひしと感じとれる良い作品でした。
客席に座る子供が良いです。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。