スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勅使河原宏『おとし穴』 2007.6.14

*ネタバレあり

いやあ、こんなユーモアのある作品もあるんですね、勅使河原監督。
すごくおもしろかったです!!
殺されたと思ったらムクッと起き上がり、死人 (しびと) としてうろうろ。方言がいい味出しています。
「わし死人 (しびと) じゃけん」とか、「なしてあたしを殺した。せっかく言う通りにしたのに」と殺した男を追いかけたり。死人同士だけはお互いが見え、会話をしている所がまた可笑しいです。
結局理由がわからない所が、カフカ的だと思いました。あるいはムーディ勝山の歌ですか。(爆)この前エンタの神様見逃しますた。ムーディ出たのに~~気ににゃる~YouTubeで確かめるか。
武満徹の音が、すごく効果的です。
ちなみに原作は、安倍公房です。これも読んでみたい!

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。