スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川崑『破戒』 2007.3.1

名作と言われている原作に何てことを言うんだと思われそうですが(^^;)、もしかしたら原作よりも良いんではないか?と思ってしまったくらい、これは良かったです。
話の筋も自然に思えました。
先生の死から告白の決意までの経過も、自然に感じました。
原作では、たいしたセリフもない猪子蓮太郎の奥さん (岸田今日子) が、なかなかの重要な役割を担っています。

主演の市川雷蔵はじめ、ちょーーー豪華キャストにビックリです。
序盤に浦辺粂子、加藤嘉、浜村純、そして中村鴈治郎、杉村春子、長門裕之、三国連太郎、宮口精二などなど。藤村志保はこれが初出演作なのだとか。
市川雷蔵、岸田今日子、中村鴈治郎、杉村春子が揃った場面には、おおっ!という感じです。

告白シーンは圧巻です。
序盤のおとっつぁんの叫びも、来るものがありました。
原作以上に、訴えかけてくるものがあるように思いました。

原作同様、周りの人たちの暖かさにホッとさせられます。
銀之助 (長門) の偏見がなくなったのは大きいです。
丑松という人物が果たした役割だと思います。
丑松は大きな事をやったと、大変意味のある事を果たしたと思うのです。

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。