スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モーターサイクル・ダイヤリーズ』『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』その2 2007.2.4

『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』は、当時ゲバラと一緒に旅をしたアルベルトじいさんも一緒に南米を旅しながらの撮影で、50年後の再現であり、「80過ぎて元気で、50年前の旅を再びするとは、奇跡のようだ」とアルベルトさんもおっしゃっている通り、これは特別な映画だと分ります。

生真面目で正直で寡黙で、しかし何か言葉を発する時は意味のある事を言うエルネスト。
落ち着きがなく陽気なアルベルト。
2人が対称的なのが良かったのだろう、と思います。
その感じが、映画の若い2人にもよく表れていました。

ハンセン病患者と会うのに手袋をすることを強要されるが、これを拒否し、患者と同じ食事をして一緒にサッカーをして遊ぶ彼等は素晴らしいです!

銅山を訪れての経験は、特に衝撃だったのではないでしょうか。
エルネスト・ゲバラのやさしい性格が、のちの革命に繋がったのではないかという気がしてならないです。
・・・って、私革命の事ろくに知らないのですが (汗)
だから思うのかもしれないけど、良い医者になって、人々の命や精神までも助ける道もあったのにな、と思うと、ちょっと残念にも思ってしまいます。

  

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。