スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+++吸血鬼が好きです+++ 2004.11.13

この前哲さんの日記11月8日に生まれた人たちに『吸血鬼ドラキュラ』のブラム・ストーカーの名前を拝見し、コメントした所、是非日記に書いてくれとのリクエストを頂きました!
なのでちと書いてみようかなと。

小さい頃、テレビで観たクリストファー・リーの『吸血鬼ドラキュラ』が最初でした。あの時は、森の中を馬車で走るドラキュラがみょ~に怖くて印象的で、夢にまで出てきたよーなかすかな記憶があります。



後に澁澤にハマッたり、種村さんの本読んだりしたのも、吸血鬼に惚れたのが最初かもしれません。
吸血鬼って、他の怪物達とぜんっっぜん違うんです。
吸血鬼の人を襲う姿は、アレはエロスなんですよ。
だってセクシーですよね! 目でまず殺し、首筋から血を・・・
ちなみにサイレントの『吸血鬼ノスフェラトゥ』は、ブラム・ストーカーの原作に結構近いかも。↓↓↓
この吸血鬼、とってもかわいいので、是非観てみてくださいませ。



これは、「ドラキュラ」の名前が使えなくて「ノスフェラトゥ」になったらしいんですが (版権者ブラム・ストーカー夫人の許可をとらずにつくってしまったらしい) つるつるハゲの吸血鬼がかわいいです。
ちなみにこれのリメークで、ナスターシャ・キンスキーの父親、怪優クラウス・キンスキー主演の『ノスフェラスゥ』があります。



まあ私、小さい頃子供用の本でギリシャ神話が好きになり、特にゴーゴン(メドゥーサ) が好きだったんだから、ちと変な子だったかもしれましぇん。
後に、大きくなってからバンドやったりしまして、バンド名に「GORGON」とか「CARMILLA」なんて名前つけちゃったりしましたですよ!

その『吸血鬼カーミラ』ですが、これはブラム・ストーカーの『ドラキュラ』よりも前に書かれた、レ・ファニュ原作の女の吸血鬼の話です。



ちなみに、その映画化で、ロジェ・バディム監督の大変美しい名作『血とバラ』があります。
同じくカーミラでは、『恐怖の吸血美女』ってのもありました。

 

吸血鬼映画の流れから言うと、『吸血鬼ノスフェラトゥ』の次はユニバーサル映画、ベラ・ルゴシの『魔人ドラキュラ』でしょうか。



これのスペインバージョンがあるのをご存じでしょうか?


内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ユニバーサルのレガシー作品の中から、“ドラキュラ”をフィーチャーしたDVD-BOXが登場。ベラ・ルゴシ主演の『魔人ドラキュラ』を始め、『女ドラキュラ』『魔人ドラキュラ・スペイン語版』『夜の悪魔』『ドラキュラの屋敷』の5作品を収録する。


俳優もスペイン人に替えてスペイン語でやってるんですが、これが笑えるんですよ~。ギャグだよコレ!
スペイン語とドラキュラ、合わね~。顔も全然ドラキュラぽくないし。

それからハマーフィルムのクリストファー・リー主演で次々とつくられる訳ですが、もう誰が何と言おうと、ドラキュラ伯爵と言えばクリストファー・リーですね! 私は。
ドラキュラの孤独、悲しみ、恐怖、吸血鬼の全てをクリストファー・リーは表現してる。そして品がある。



後に、コッポラ監督の『ドラキュラ』ができる訳ですが、私これ劇場に観に行きましたが、なんか嫌だったです。
どーもゲイリー・オールドマン、好きになれない俳優なんですよ。高い評価がされてるし、映画通の方達に人気ありますが。どーもあの妬みっぽいような目つきがだめ。
ウィノナ・ライダーはなかなか適役だったと思います。あとトム・ウェイツは良かったかもしんない。



この映画、調べてみたら、キアヌ・リーヴスとかモニカ・ベルッチまで出てたんだ~。ちともう1回観てみよっかな。

本の話では、『吸血鬼ドラキュラ』『吸血鬼カーミラ』の他に、これまた古いポリドリの『吸血鬼』とかありましたね。
これの誕生秘話は(事実と少し違うかもしれないけど) 映画ケン・ラッセルの『ゴシック』にあります。超オススメ!!
本では少し前に亡くなった種村季弘さんの『吸血鬼幻想』などオススメです。

ところでドラキュラのモデルとしては、串刺し公と言われたブラド・ツェペシュが有名ですが、この人は実際吸血行為やそれに似た事をした訳ではありません。
ところが、これこそ吸血鬼! と言う人が実在しました。
ご存じの方が多いと思いますが、「鉄の処女(アイアンメイデン)」ってゆー拷問道具を考案したりして、処女の生き血を浴びたり血のフロに入ったとゆーエリザベート・バートリですね!

吸血鬼ネタはとんでもなく長くなってしまうので、わけて書こうと思います。今日はオーソドックス編でした。

クリックよろぴくー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。