スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒木和雄『原子力戦争 Lost Love』 2006.8.9

--あらすじ--
田原総一朗のノンフィクションを原作に、黒木和雄が原発問題に取り組んだ社会派ドラマ。田舎の実家に戻ったきり帰京しない女・望(能登)を探しにきたヒモの坂田(原田)。しかし、実家では門前払いをされてしまう。そこへ新聞記者の野上(佐藤)が坂田に近づき、原子力発電所の技師・山崎が妻ではない相手と起こした心中事件を聞く。坂田は、望の妹・翼(風吹)からそれが望だったと聞き独自に事件を探り始めるが、何者かに襲われてしまう…。
(ココから拝借)


この原田芳雄が「探偵物語」の松田優作にクリソツ ! ってか、勿論松田優作が原田に似てる (似せてる?) 訳ですが。
ちなみに、この映画が1978年、「探偵物語」は1979年なんですね。
どちらも大好きな俳優ですが、松田優作はかなーーり原田芳雄の影響を受けている感じですよね。

・・・とそれはまあ置いといて、
これ、おもしろくて中断する事が出来ずに観てしまった作品です。
そして、よくぞ撮ったと思いました。黒木監督、無事でえがったよ。(少し前に亡くなりました。) 勇気ある撮影だと思います。
小名浜原発を実際に取材した迫力あるドキュメンタリー場面が挿入されています。
原発の問題を浮彫りにした、実に社会的な作品。
もしかしたら、本当に起っている事なのかもしれません。可能性は充分あります。なんと恐ろしい事でしょう。

観てから、これは絶対に感想をUPしたいと思ったのに、言いたい事の半分も言えてない気がします。とにかく観てくださいとしか言えません。(でもDVDないんすか?)

→出たのですね。貼っておきます〜





  

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ATG
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。