スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フリーダ』 2006.7.19

メキシコの画家フリーダ・カーロの生涯を描いた映画ですが、夫のディエゴ・リベラとの恋愛が中心です。
彼女の自画像を観ればわかる通り、バスの事故から辛い手術の連続、ぼろぼろの身体、壮絶な人生でありながら、最後には「VIVA LA VIDA ! 」(人生バンザイ ! ) と書いて死んで行った彼女は、実に魅力的な人だと思っていたのですが、この映画は私はイマイチでした。
ケガや病気との戦い、苦しみ、そして、それでも人生は素敵だ、と言う、彼女の思い等が、いまいち見えてこないんですよ。
リベラの浮気に苦しむ話が中心で、そして、彼女自身もまた浮気をしたり。
トロツキーなんて人も出てきて、政治的なからみもちょびっと出てきますが、サラッとでした。

主演のサルマ・ハエックは、公開当時の宣伝の時にはクリソツ ! と思ったのですが、こうして映画で観てみると、それほどフリーダ・カーロに似てないな、と思いました。何か違うっつー気が。フリーダの芯にあるものとゆーか。

なにげに評価高いみたいなんですが、かなり退屈だったのですが・・・。

絵が人間に変化したり、アニメとの融合は、なかなかおもしろいと思いました。

この映画を観るよりも、実際に彼女の絵を観た方が、ずっと彼女の苦しみと強い生き方がわかるんではないか、と思います。彼女の絵は、すんごいストレートに伝わってきます。


 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。