スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】佐賀のがばいばあちゃん 2006.6.14

今日は有休をとって、がばいばあちゃんを観てきたですよ ! (水曜日はレディースデイで1000円なのだ)
いやあ、がばいえがった !
正直言って、こんなに違和感なく観られると思ってなかったです。
ばあちゃん役が吉行和子と聞いた時には、うん、いいんじゃない、と思いましたが、本のがばいばあちゃんと、セリフなど、ほんっっとに違和感なかったです。
なかなか原作先に読んで、こうイメージ通りって訳にいかないもんですよね。
次のセリフがわかっちゃあいるけど、笑ってしまふ~。

そして、昭和の佐賀県の街並みが良いです。蔵づくりの家々が古い日本の感じで実に素敵。
ばあちゃんの家がまた、すんごい素敵~と思ってしまいましたよ。
特に渡り廊下 ! 日本情緒溢れる感じです。意外に広い家でした。
貧乏対決したら、昨日観た田中一村には負けるぜ。あっちはほんっっとにほったて小屋ですから。食ってるものも自分で栽培している野菜だし。1日大根1本とか、キュウリ3本とかで暮していたとか…。(『アダン』の感想を今日書こうと思っていたけど、『佐賀のがばいばあちゃん』ががばい良かったので、こっちを先に書いてます~)

現在の明広が子供時代の明広に会う所は寺山修司の『田園に死す』を思い出しました。
三宅裕司演じる現在の明広ですが…、この人が新幹線に乗っている所から始まります。
んで、ひとつだけ文句を。これは一言言いたい。
電車の中では携帯電話はマナーモードにしんしゃい !
がばいばあちゃんに育てられたあんたが、そんな事じゃだめじゃろ !

原作本の暖かさそのままの映画でした。
ばあちゃんと明広、お互いの思い遣りにほろりとさせられ、そして周りの人達の暖かさにじ~んと来ちゃいます。これは是非大勢の方に観てほしい映画ですっっ !
がばい笑って泣いてくださいね~ !

本の感想はこちらから~。

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。