スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セックスと嘘とビデオテープ』 2006.6.8

*ネタバレあり

え~~?! 今までコレ観てなかったの~?と言われそーな映画ですが…スティーヴン・ソダーバーグ監督のデビュー作。1989年です。
当時から、おもしろそ~と思いつつ、なにげに機会がなかったのですが、WOWOW無料期間中にやってくれまして、やっと観ましたです。
「ビデオテープ」って所が、時代を物語ってますよねー。今だと『セックスと嘘とDVD』になるのでしょうか?書いてみて、わりにこっちもしっくりくるかな、と。

おもしろかったですっっ !
アン、グラハム、ジョン、シンシア、皆どこか病んでいて、4人4様である所が実におもしろいです。
姉のダンナと浮気する妹のシンシア、この人ってなんつー品のない…と思って見ていると、実はこの妹がいちばん周りがちゃんと見えていて鋭い眼差しを持っている事がわかります。
グラハムがやって来て、そして姉妹がビデオに撮られる事によって、「問題が複雑になった」と見るジョンに対し、「いいえ、シンプルになったのよ」と答えるシンシア。
そして、姉を裏切っているようでいて、結果的には助けた事になったと思うのです。
アンの夫ジョンの化けの皮をはがして、姉に離婚の決意をさせた訳ですから。
この妹シンシアの行動は、全て計算づくなのではないか、と思える所があります。
そして姉のアン、夫と別れる事を決意した時から、突如として魅力的になってハッとさせらました。
グラハムにインタビューされてるはずが、逆にアンがグラハムにインタビューしている所、おもしろかった~。
そして、この4人の中でいちばん病んでいるのは、実はジョンなのではないか、と思います。

夫に触れるのに拒否反応を示し、精神科に通うアンは、心のどこかで浮気され嘘をつかれている事を感付いていたからなのではないか、という気もします。
そして、セックスレスの問題と言うのは、かなり前から周囲にすごく多くある問題であり、社会現象でもあるのではないかと思うのです。その点、この映画は大変興味深いと思います。
少子化問題が新聞を賑わせてますが、社会的、金銭的問題だけでなく、生活の変化による複雑な心理状況等にも原因があると思うのですよ。ビデオがDVDになり、PCと携帯電話が必需品となり、すんごい早さで世の中動いてますからね。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。