スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オールド・ボーイ』 2006.5.30

期待せずに、と言うか、別の意味の期待をしつつ観たのですが・・・(良くないと聞いたもんで) いやはや、私はおもしろかったですっっ !
韓流だとか何だとかには全く興味はないのですが、たまたまWOWOW無料期間中にやってくれた事だし、とりあえずっつー感じで観てみたのですが。

まず、主役オ・デス役のチェ・ミンシクとゆー人。ふにゃ~っとしたにやけ顔のオッサンの顔みて、エッ、これがジャケ写真の人~?と思いました。それがいきなりキリリとしちゃうんですから。この顔の変化、すごくないっすか?

そして、タランティーノが絶賛したのも実に納得。好きそー。
キル・ビルに通じるもんがあると思います。
(キル・ビル関連こちらからよろしく~。)
キル・ビル系のグロいの苦手な方は、観ない方が無難かと・・・。私でも正視は出来ませんでしたから。うぎゃ~って感じっす。
歯のシーンは、『マラソンマン』でのいちばん恐ろしかったシーンを思い出しました。



そんなバイオレンスものでありながら、ミステリーの要素も合わせ持ちます。
オ・デスが何故15年間監禁されたのか、という謎解きです。
ちと軽いネタバレしますが・・・

最初に出てきた真相「口数が多い」に爆笑 ! これがほんとの真相だったら、さらに好きかも~♪ こーゆーバカバカしいの大好きなもんだから。
そして、次第に明らかになっていく本当の真相に、ああ、そうかあ、にゃーるほど ! と。
この15年の壮絶な復讐劇。これはオ・デスの復讐話だと思いきや、オ・デスの敵の復讐劇なのでありました。
その結末には、「えっ、そんな事でこんなすごい復讐を?」てな意見も多い訳ですが、そんなこたあいいと思うんですよ。そこに辿り着く経過がおもしろいんだから。
愛するものを必死で守ろうとするオ・デスの行動がまたスゴイし、ここまでをユーモアたっぷりに見せてくれる所が実に巧い。
ギリシャ悲劇を思わせる、この結末には、う~嫌悪感~~な方も多いと思いますし、特にお薦めする気はありませんが、カンヌ映画祭グランプリも全く文句ナシのおもしろさでした。



原作は日本の漫画なんだってね。こちら~↓↓↓
オールド・ボーイ(1)
オールド・ボーイ(2)
オールド・ボーイ(3)
オールド・ボーイ(4)
オールド・ボーイ(5)
オールド・ボーイ(6)
オールド・ボーイ(7)
オールド・ボーイ(8)

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。