スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『恋愛適齢期』 2006.5.24

タイトルからして『恋愛小説家』の二番煎じ?と思ってしまいましたが、ジャック・ニコルソンのこのキャラはもうええだろっつー感じがやはり。
話の設定も、ちと無理がねーか?っつー感じだし、若いコばかりがもてはやされたのも、もうちょっと前の話で、ここ数年は逆のパターンが結構多い気もするし~・・・と思って、半分しらけつつ観ていたのですが、途中からは止める事が出来ずに一気に観てしまったのです。
ダイアン・キートンが実に魅力的なのですよ !
特に好きな女優でもなかったのですが、素敵に年をとりましたよね。
イザベル・アジャーニのように、とんでもなく若く見えるっつー訳でもなし、しわとかもちゃんとあるし、年齢相応な感じなのですが、とっても自然体でイイんです。
そして、若いコ達の軽~い恋愛よりも、この人たちったら、とっても可愛いんです。
大泣きしながら、がんがん原稿打ってく所なんか、イイですよね~。

IMでの会話は、ユー・ガット・メールを思い出しちゃいました。



それと、この映画って、おそらく女性が好むんじゃないかなーと思ったのですが、是非男性に観ていただいて、このオッサンがなんでモテルの~?っつー事を考えてほしいと思いました。
「やさしい」と一言で言っても、いろんな「やさしさ」がある訳ですが、女性が気付かずに求めているやさしさっつーものを、ジャック・ニコルソン演じる中年男は持っているんじゃないかなーと思ったわけなのです。
そして、普段言われない予想外の事で誉められたりするのに、女性は弱かったりすると思うんですよ。
例えば、美人は美人って言われ慣れてるのだから、そこを誉めてもイマイチなんですよね。
イイ男って顔じゃないんですよねー。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。