スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボン・ヴォヤージュ[運命の36時間] 2006.5.8

2003年制作。イザベル・アジャーニの化け物的若さ見たさに観てみましたが、いやはや、ほんっっとに謎です。1955年生まれですぜ、あーた。いくら若いにも程があるですよ !
いちばんキレイな20代の頃と言っても通じるよーな・・・。この人はいったい何なんでしょうか。吸血鬼ですか?
意外に変な映画にも出ている彼女は、私は結構好きです。
個人的にいちばん好きなのは、本人が是非ともやりたいと申し出た『カミーユ・クローデル』です。当時Bunkamuraに観に行きました。そーいや、カミーユ・クローデルの彫刻展もBunkamuraだったよーな記憶が。
(実際のカミーユ・クローデルその人、その彫刻も大好きです)
エキセントリックな役が多いっつーか…日本で言えば大竹しのぶぽい所があるように思います。



んで、この『ボン・ヴォヤージュ』は、周りを振り回す女優役で、このアジャーニは個人的には、あんまし好きではないなあ…とゆー感じ。髪型が好みじゃないです。ちと80年代的前髪じゃないっすか~?
目立たないようにするべき場面でも、すんごい目立ってましたね。

フランス映画っつーと、観る映画観る映画出演していてウンザリなのが、ジェラール・ドパルデューなのですが、この人年くった方が良くなるタイプかも。
結構嫌いなのですが(^^;)、そんなに嫌じゃなかったです。

映画としては、テンポがとにかく速い。と言うか、あのせかすような音楽で、速く思わされてしまふ。アジャーニのしぐさのせわしなさがまた、それを増長してる感じですね。落ち着かないのなんのって。
話としちゃあ、女優の話は不要だった気もします。と言うか、浮いてるとゆー感じでしょうか。
重水を運ぶ話だけで充分におもしろいかと。
教授を慕うカミーユ役のヴィルジニー・ルドワイヤンがとても魅力的で良かったです。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フランス映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。