スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブコウスキー : オールドパンク 2006.1.21

昨日、会社帰りに吉祥寺バウスシアターまでブコウスキーオールドパンクを観に行ってきました~。
ブコウスキーのドキュメンタリー映画です。

ショーン・ペンが、トム・ウェイツが、U2のボノが、ブコウスキーを語ります。
そして、彼をとりまく、リンダ・リー・ブコウスキー夫人、ブラック・スパロウ・プレス出版人のジョン・マーティン、詩人仲間等等。
私財を投げ打ってブクに賭けたジョン・マーティンとリンダ夫人が素晴らしいです。
私達ブクファンは、彼等に感謝するべきでしょう。
夫人はたいしたものですよ。とにかく賢く器がでかい。彼女じゃなければブコウスキー夫人は勤まらないと思うし、最後の人生を彼女のお陰で幸せに生きる事が出来たのです。
以前『詩人と女たち』や『ブコウスキーの酔いどれ紀行』の感想 (こちらから飛んでくださいませ) で書いたと思いますが、最後の女性が彼女でほんっっっとに良かったよ~。

ブコウスキー酔いどれ伝説 ブコウスキーの酔いどれ紀行
詩人と女たち

昔の恋人の事を書いた詩を読みながら泣いてしまうブクが、結婚式で泣いてしまうブクが、最高にイイ !

『バーフライ』はいまいちであった、と以前書きましたが ( 感想はこちら ) ブコウスキーも、かなり不満だったようです。
映画では語られてませんが、ショーン・ペンはデニス・ホッパー監督での、この映画の主演を希望してたとか。いやあ、これ観たいと思いませんかー? こりゃ是非ともリメイクしてほしいですよ。
ミッキー・ロークとフェイ・ダナウェイじゃ、どーしようもねーっすよ。
監督がクソですよねえ。DVDで、この監督の解説が映画を最初から流しながら語られるのが入っているのだけど、全部は観てないけど、もう自分に酔ってるんだもんねえ…。魂のない薄っぺらなハリウッド映画だと言ったら言いすぎでしょうか。



ブクファンなら絶対必見な映画です ! !
詩の朗読もあるし、とにかくブコウスキーの映像がこれだけ見られるだけでも嬉しすぎ !
そして、ブコウスキーの大嫌いな嘘や装飾がなかったように思います。バックの音楽も自然で良いです。
観る前に本いっぱい読んでおくと、背景がわかっておもろいです。
おお、これがあの郵便局か ! とか、厳しく草刈りをやらされた庭はこれかあ、とか思いながら観られます♪
ミニシアターですが、余裕ですいてました。(^^;) 最初貸しきりかとオモタよ~。そしたらポツポツと数人入ってきたけど。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。