スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺山修司『田園に死す』 2005.10.14

新文芸坐の戦後60年企画、ATG 挑発のフィルモグラフィ、昨日書いた『書を捨てよ町へ出よう』との同時上映です。
( 後にこちらに全部まとめてリンクさせます。)

先に『書を捨てよ…』の方を観て、完全ノックアウトされた後に観たコレ、最初は今までにも結構観ている、ありがちな前衛的映像っつー感じだなー、と思って観ていたら・・・・・・

突如として20年後になり、「書いてしまうと、大衆に晒してしまうと、過去は失われてしまう」と語る主人公 (寺山自身なのでしょう) が出てくる所から、こりゃまたスゴイわ、と、またまたビックリさせられちゃいました。
そして、記憶は美化され、嘘なのだ、と、やり直し映像みたいのが出てきたり。こんな発想、寺山以外に誰ができるんだ?

そして20年前の自分と会うっつーパターンはありがちですが、これがまた、寺山がやると、すんごい斬新な発想するわけですよ。

メインは母親との問題ですね。
めちゃめちゃ重いテーマです。
さかさま世界史『英雄伝』でも、繰り返し書かれていた「母親殺し」の問題。人間は何かを突き破って、乗り越えて生きていかなきゃいけないもんなんすよね。痛みに耐え、心の血を流して、殻を破って生きていかなきゃなんねーのですよね。
しかし「映画の中でさえも、母を殺せない」と言う寺山。
そんな彼のやさしさ、苦しみに、ちと胸が熱くなります。

新高恵子の暗黒舞踏団ぽい踊りが『恐怖奇形人間』の土方巽思い出しちゃいました。
そんでもって犬神サーカス団が(・∀・)イイ!
ちょっとフェリーニ的な感じもしました。

そして、随所に入る、青森弁で詠われる短歌に、これまた脳味噌やられます。あれはほんと、いいなあ。

この映画、ぬわんと、サルバドール・ダリが出演してるのです。
どこで出てくんのか楽しみに観てたら・・・よくわからんかった。_| ̄|○ 悔しすぎ。orz
後で、ロビーに貼ってあった解説見たら、サーカス団に誘って、風船女の風船膨らませろよとゆー兵隊バカの役らしいので、もしかして、これそうかな?とチラッと思ったような記憶はあるんですが、でも違うかなーと思ってしまったよーな・・・。orz だってダリが出てくりゃあ、もう絶対ハッキリとわかると思ったものですから。あのでかい目と髯で出てくりゃあ、わからないはずがない ! と思ったものですから。ガックシ。

(訂正です)・・・と思っていたら、あれはサルバドール・ダリではなく、サルバドール・タリと言う天井桟敷の役者だそうです。(笑)
どーりでわかんない訳だ。


それと、あの白塗り顔、塚本晋也の『双生児』って、あれの影響なのかなー。
『鉄男』のあらゆるシーンも、『書を捨てよ町へ出よう』のガシガシと揺れる映像の影響って感じもするし、案外もしかしたら、塚本晋也は寺山の影響受けてるかもしれませんね。

この映画にも、前回書いた『書を捨てよ町へ出よう』にも、何とも言えない人間の孤独感、さびしさ、苦しみが、すんごい伝わってきました。



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ATG
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。