スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱歩映画祭「黒蜥蜴」「盲獣」(ネタバレあり) 2004.9.5

今日もまたまた行ってきましたぜ。新文芸坐の江戸川乱歩映画祭。

昨日の混み具合にビビッた私は、絶対立ち見は嫌だと思い、1時間も早くイッちゃいました。余裕でした。(笑) 7人程並んでました。昨日と同じく、いちばんいい席で鑑賞。

まず「黒蜥蜴」と「盲獣」とゆー、この組み合わせ。まるで対称的な所がおもろいなーと思いました。華麗な「黒蜥蜴」と陰湿密室映画の「盲獣」。

まずは「黒蜥蜴」。いやー言う事ナシ!です!まった~~~く退屈させないですね。
最初にビアズリーの絵が出てくる所に、まず嬉しくなっちゃいました。
セリフがとてもシャレてて、三島の力かな?と思いました。
セリフからキャラから華麗なファッション、インテリア、どれをとっても素敵におもしろかったです。
松岡きっこだけは、自分的にはいまいちなんだけど。(^^;)
丸山(美輪)明宏は流石っすね。綺麗だったな~。三島には笑っちゃいました。(笑)
目覚まし用ガムとは無縁の85分?でした。ほんと飽きさせない。

んで「盲獣」。
これは船越英二と緑魔子の演技力につきるかな。後半はすごいっすね。ここに来るまでが、ちと長いかなって感じはしましたが。出演者3人って・・・なかなかないっすよね。
これ、原作とかなり違っていて、盲獣がぜんぜん原作のような残虐な連続殺人鬼ではなく、もしかしていい人?てな感じでして…ちと不満が残りました。
これの映画化ってこれだけですか?原作では殺人後の処理などが結構おもしろく、映像としても浮かぶだけに、もったいないと思います。とてもおもしろいスプラッターホラーが出来ると思うのですが。
手足切り離すのだって、自ら望んでってのは、なんだかね。
緑魔子の身体、キレイでした。ねーちゃんいいケツしてんな~、とか思いました。(笑)

ところで、どうしてこの映画祭のトップが「陰獣」だったんでしょうかね。50年代のとか観たかったです。



クリックよろぴくー。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。