スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田喜重『嵐が丘』 2006.12.20

吉田喜重らしいマターリ感が漂います。
しかし、このエミリ・ブロンテの名作を時代劇にした設定は、斬新であります。
そして、思ったとおり、松田優作は、まさにピッタシ中のピッタシでありました。
鬼丸は彼が共同脚本を書いたという「嵐神」そのものではないでしょうか。
「嵐神」については以下の日記を是非!
ETV特集「よみがえる松田優作」

田中裕子は、キャサリンが持つヒースクリフと同じ魂、邪悪なものというのが、いまひとつ伝わってきません。
気性の激しさや生き生きした陽気さもないです。
芯のしっかりした女性を表現してはいるのですが。
とは言え、田中裕子扮するキャサリンの日本版「絹」は、とても魅力的な女性でもあり、原作とは関係なしに観るのが正解かもしれません。

ちと重要なネタバレになりますが・・・

いちばんのクライマックスである、2人の情熱的な再会シーンがなかったのは、実にガッカリでありました。

しかし、ローレンス・オリビエが上品すぎてぜんっっぜん物足りなかったワイラー版に比べ、ヒースクリフよりも荒々しく邪悪な鬼丸 (松田優作) を見るだけでも、価値がある映画かもしれません。

いろいろ書いてます~
ジョルジュ・バタイユ『文学と悪』●エミリ・ブロンテ●
エミリー・ブロンテ『嵐が丘』
『嵐が丘』つづきです~
映画『嵐が丘』



クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。