スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィスコンティ『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 2005.6.27

実は私、恥ずかしながら、あの有名な、ジャック・ニコルソンバージョンを観てないのです。
なんとなく機会がなかったんですが・・・。わざわざ借りてこなくても、テレビでやりそうだし、しかし、なにげにチャンスがないまま、とゆー感じでして。
ヴィスコンティのコレは、多分2度目だったと思います。
んで、コレ、ヴィスコンティのデビュー作なんですね。
最後まで食い入るように観てしまいます。流石っすね。

これ観て思ったのは、やはり「女は強い」と言う事です。
男の方は、もうビビりまくりじゃあないっすか。あれだけの事を自分がやっておきながら、さも女性側だけが悪人のよーな言いぶり。今更良い人ぶるんじゃねーよ、とかちょっと思いながら見ていたら、挙げ句の果てに別の女に走ろうとするとは・・・それは違うだろーと。
そんなら自首しなさいって感じでした。

そして、女は強くて怖いっす。勇気もあります。
ダンナだって、デリカシーがないだけで、悪人ではないんですよね。

女性と男性の特色が、よく現れているなーと思った作品でした。

ジャック・ニコルソンバージョンも今度観なければ。

 

クリックよろぴくー。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

現在の閲覧者数:
検索フォーム
amazon
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。アジアン雑貨・ファッションやパワーストーンも好き。西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!
身体にも環境にも良いエコ・石けん生活実施中&広めていきたいです。
石けんライフの薦め☆石けんシャンプー&リンスについて☆
石けんライフの薦め☆さらにこわ~いお話☆

読書の部屋もヨロピク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。